読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tyuta_h's Daily memo

日々の気になること、映画や海外ドラマを中心につらつらと書いていきます。

映画レビュー「NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」(ネタバレ無し)

映画・海外ドラマ

「NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」

先日、大阪ステーションシティシネマで鑑賞した「NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」。直近まで全く知らなかったのですが折角なので鑑賞してきました。

 

作品のあらすじ&予告編

公式サイトのあらすじには以下のようにあります。

ヴィーことヴィーナス(エマ・ロバーツ)は、スタテン島で看護師の母親(ジュリエット・ルイス)と暮らす高校3年生だ。名門カリフォルニア芸術大学から入学通知を受け取ったものの、自宅から通える大学に奨学金で進学すると信じ込んでいる母親に言い出す勇気を持てないでいた。大学から届いた入学するか辞退するかの最終的な返答を求めるメールを前に悩んでいたヴィーは、Facetimeしてきた親友シドニー(エミリー・ミード)から多人数参加型ゲーム「NERVE/ナーヴ」のことを教えてもらう。
そのゲームとはサイトにアクセスした人がそれぞれ「挑戦者」と「視聴者」のどちらかを選択し、「視聴者」は視聴料金を支払い、「挑戦者」は「視聴者」たちが出す指令に「やる」「やらない」を選択できる。視聴者数をもっとも集めた「挑戦者」2人が最終的に決戦に挑み、大金を手にするというものだった。
地味なヴィーはゲームには無関心だが、大胆なシドニーは「挑戦者」としてネット・セレブになるつもりだ。ヴィーが卒業アルバム用に片思いのJ・Pが活躍するアメフト部の写真を撮影しているとき、チアリーダーシドニーは〈観客に向かってムーニング(生尻をさらす行為)をする〉ミッションをクリアし、喝采を浴びる。試合後、ダイナーでシドニーからJ・Pに話しかけろとけしかけられて怖じ気づくヴィーは「臆病」とバカにされた上に、シドニーがヴィーの恋心をJ・Pにばらしてしまう。片思いしていたJ・Pから「タイプじゃない」と面と向かって言われてしまうヴィーは、恥ずかしさから店を飛び出してしまう。頭に血が上ったままゲーム「NERVE/ナーヴ」にアクセスしたヴィーは、「挑戦者」を選択。
しかしそれは自動的にネット上にあるヴィー自身の情報をすべてオープンにする危険なアクセスだった…。

(公式サイト中のストーリーより一部引用

http://www.start-nerve.jp/story/ )

 

予告編は↓こんな感じです。中々、刺激的な感じですね。

youtu.be

 

 

鑑賞しての感想

★★★☆☆(5.0点満点中)

印象としては、NETFILXの「ブラックミラー」を薄めて甘く味付けした感じです。

(恋愛要素とかを含めて大衆向けにした感じな印象ですね。)

ネット上に個人に関わるあらゆる情報を預けている現代の情勢を反映したからこそ出来た作品かなという印象で、モチーフは非常に面白いのでは無いかと思います。

実際、上映時間も90分程度であるので、変な脱線も無く、ナーヴというゲームの中で主人公の二人(ヴィーとイアン)が勝ち抜くために四苦八苦していく姿を多くの視聴者(ユーザー)が鑑賞すると言うものであるため、自分自身も視聴者の一人として映画自体を楽しむことが出来ます。

"Simple is the BEST"という感じです。

ただ、ただ…

「盛り上がりに若干欠けるなぁ…」

というのがマイナスな意味での感想です。

もう少し、「ナーヴ」というゲームについての深掘りがあっても良かったのでは無いかなぁ、と思う次第です。

とは言え、個人的にはSFだとか、ネット関連のトピックに興味のある方であれば興味を持って鑑賞できるのではないかと思います。(InstagramとかFBとかディストピアとか。。。)

 

と言うことで簡単な映画レビュー

「NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」

でした。

 

 

 

2017年にやりたいこと

その他諸々

今週のお題「2017年にやりたいこと」

もう、正月も明けてきてますが、今更ながら「2017年にやりたいこと(達成したいこと含む)」を表明しておこうかと思います。

 

 

1.映画館で映画を「100本鑑賞する」

ちなみに、この目標は2016年の目標でも有りました。

結果的には正確にカウントしてないけど、多分60本程度だと思います。

2015年は70本近く鑑賞していたので、若干減っている感じですね。

今年は洋画が豊作の年なので、結構イケるのではと勝手に思っています。

 

 

2.最低1回は海外旅行に行く

2016年はなんだかんだあって、4回7カ国と地域を旅行しました。

非常に楽しかったのですが、如何せんお金が貯まらない…。

ということで今年はちょっと落ち着いて1回ぐらいにしようと思っております。

候補地は台湾かシンガポールあたりを検討しています!

(台湾は2回既に行っているので、シンガポールが有力でしょうか?)

 

 

3.英語を極める

2016年の海外旅行の時に実感したのが、英語力のなさ…

やっぱり、コミュニケーションを取ろうとすると英語が話せないと楽しみも半減してしまうということがものすごくわかったので、英語力を鍛えようと思います。

 

結構、個人的には2016年はアクティブに動きまくった年だった(悪く言えば、色んな意味で荒ぶった年でもありましたが。)ので、2017年は充電期間とする1年にできればと思います。

 

キャセイパシフィックのA350が関西国際空港(KIX)に就航!

旅行

最新鋭機が関西国際空港に就航!

キャセイパシフィック航空エアバスの最新鋭機である「A350-900」が

明日、関西国際空港に初飛来します!

www.traicy.com

A350自体は比較的導入が進んでおり、日本国内でも

シンガポール航空ベトナム航空(スターアライアンス)

チャイナエアライン(スカイチーム)

フィンエアー(ワンワールド)

の飛来実績があり、キャセイパシフィック航空もこれに続くものになるかと思われます。

 

 

飛行機の印象は?

先んじて、昨年の10月にHKG-LGW間のプレエコに搭乗しましたが、それはもう…

「快適」の一言でした!

KIX-HKGの距離感のフライトだと若干物足りなくなってしまうかも。

関西圏に住む人間としてはHNDやNRTでは無く、KIXに先に飛来してくれるのは若干嬉しいものです。

 

f:id:tyuta_h:20161012114116j:plain

(↑中々特徴的な顔をしてますよね!)

 

 

ちなみに。KIX-HKGのお値段

今、KIX-HKG間は最安で往復35,000円で渡航が可能です。

ちょっと寒いこんな時期に香港に南下してみるのも一つかも。

www.cathaypacific.com

 

ちなみに、2019年を目処にJALでもA350-900と-1000の導入を開始する予定です。

最新鋭機を一足先に楽しむのもありかもしれませんね。

 

 

2017年期待の公開予定作品(洋画)

映画・海外ドラマ

2017年は大作公開ラッシュ?

2016年も秀作・良作がたくさん公開されましたが、若干馬力は2015年より劣るものが

あったような感が否めません。(ちなみに2015年は「Star Wars The Force Awakens」や「Jurassic World」などのシリーズ続編・リブート大作が公開されました。)

しかしながら、2017年は2015年以上の洋画大作が公開される予定です!

今年2017年公開の洋画大作の中から期待の5本(私見です)をピックアップしてみましたので御覧ください!

 

STAR WARS epsodeⅧ」

2015年に公開された、「Star Wars The Force Awakens(epsodeⅦ)」の続編。

www.youtube.com

監督は「ジャンパー」などを手掛けたライアン・ジョンソン監督。

もうそろそろ、ティザーが公開されても良い頃なのでは…と思うのですが

いかがなものなのでしょうか。

昨年末に他界されたキャリー・フィッシャーの遺作ともなるこの作品。

今年の最注目作品の一つです。

2017年12月公開予定です。

 

Gardians Of Galaxy Vol.2

こちらも、シリーズ続編!

2014年に公開されたシリーズ1作目に引き続き、最高にゴキゲンな奴らが

戻ってくる!!

www.youtube.com

(↑サムネイルのベイビーグルートのこの顔だけでも期待する他ないです。。)

個人的にはMCUの中でも最も好きなシリーズ作品。

期待を上回ってくれることを期待しています!

日本では今年の5月12日公開予定です。

 

Dunkirk

言わずと知れたクリストファー・ノーラン監督の最新作。

前作ふがSF大作の「インターステラー」だったのに対し、今回は戦争映画です。

www.youtube.com

第二次世界大戦時に実際に行われた「ダンケルク作戦」を描きます。

65mmフィルムを用いたノーラン監督こだわりの映像はいかに。

特別映像をIMAXシアターで鑑賞した際には今年のベスト10に入ることを確信しました!!

日本では9月に公開予定です。

 
Kingsman The Golden Circle

これまた続編。日本国内でもヒットした「Kingsman The secret service」の続編となります。

www.youtube.com

(↑まだ予告編が公開されていないので、前作の印象的なシーンを。)

スーツを着た紳士がただでさえキレッキレのアクションをするってだけでも十分なのに、なんと言ってもテンポの良さ!

2作目も期待したいです!

全米公開は今年の10月予定です。日本公開は現時点では未定です。

 
Justice League

「DCEU」の総結集版(?)とか「DCEU」版の「アベンジャーズ」とか呼ばれている「ジャスティスリーグ」。すでに公開された「バットマンvsスーパーマン:ジャスティスの誕生」に引き続きの公開です。(その前に「ワンダーウーマン」もありますが…)

www.youtube.com

 

MCUに比べると期待値は低いことは否めないのですが、

今年を象徴する一本としては外せないでしょう。

今年の冬公開予定です。

 

 

2016年にすでに公開されてるけど、日本では2017年公開の注目洋画

ここまで本国でも日本でも2017年公開予定映画を紹介してきましたが、

本国では2016年に公開されており、日本で(ようやく)今年公開の映画を2本紹介します!

 

メッセージ(原題:Arrival)

ドラマティックなSF大作。「SF大作=宇宙人とドンパチする」というイメージで鑑賞すると拍子抜けします。イメージとしてはSF作品としても名高い「コンタクト」に似ているものだと思います。

www.youtube.com

一足早く、ロンドンで鑑賞しましたが、画作りの巧さとストーリテリングの巧さが掛け合わさって、最高すぎる作品になっています。

日本では今年の5月公開予定です。

 

ラ・ラ・ランド(原題:La La Land)

すでに様々な映画賞でも授賞を受けている本作。

アカデミー賞作品賞候補とも目されています。

www.youtube.com

「セッション」のライアチャゼル監督の手がけるミュージカル作品。

この予告編を見るだけでも、期待が高まります!

公開は2月24日の予定です。

 

以上、2017年期待の洋画作品のご紹介でした!

 

 

ブログ始めます。

その他諸々

ということでまた新しいものに手を出してみます。

 

何故、Blog?

自分の雑記帳的なものがなかったので(正確に言えばEvernoteがあったのだけど、使わなくなった。。。)Blogを初めて見ることにしました。

 

メインは「映画」「海外ドラマ」「旅行」の記事がメインになるのかなと思いつつ…。何を書くかも、着地点も何も決まっていません(笑)

 

隔日更新を目標に出来たら良いかな。

 

何卒、よしなに。